2017年01月15日

年神様を迎える「大正月」に対して、「小正月」は農業や家庭に関する行事です

元旦を「大正月」と呼ぶのに対して、1月15日の行事を「小正月」と呼びます。

旧暦では1月15日が正月でした。
新暦を使うようになった今も旧暦の風習が無くなることはなく、1月15日を小正月と呼んでいます。
元旦は大正月となっています。

大正月は門松を飾り、年神様や先祖を迎えますが、小正月には餅花(もちばな)を飾り、豊作を願うの大切の行事でした。そのため「花正月」ともいいます。
また、歳末から小正月まで忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」と呼ぶ地域もあります。
家庭的な行事を行う正月で、お盆と同様に大切な節目です。
ちなみに、大正月は「男正月」ともいわれます。
小正月の日、家族がまめで1年を健康に過ごせるように祈願した「小豆粥」を食べる風習があります。
s-IMG-557.jpg
posted by Human of Japan at 09:00| Comment(0) | 雑節集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年神様を迎える「大正月」に対して、「小正月」は農業や家庭に関する行事です

元旦を「大正月」と呼ぶのに対して、1月15日の行事を「小正月」と呼びます。

旧暦では1月15日が正月でした。
新暦を使うようになった今も旧暦の風習が無くなることはなく、1月15日を小正月と呼んでいます。
元旦は大正月となっています。

大正月は門松を飾り、年神様や先祖を迎えますが、小正月には餅花(もちばな)を飾り、豊作を願うの大切の行事でした。そのため「花正月」ともいいます。
また、歳末から小正月まで忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」と呼ぶ地域もあります。
家庭的な行事を行う正月で、お盆と同様に大切な節目です。
ちなみに、大正月は「男正月」ともいわれます。
小正月の日、家族がまめで1年を健康に過ごせるように祈願した「小豆粥」を食べる風習があります。
s-IMG-557.jpg
posted by Human of Japan at 09:00| Comment(0) | 雑節集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

「鏡開き」のマナーを知っていますか?

鏡餅の丸い形は円満を、2つ重ねるのは「かさねがさね」を表し、円満に年を重ねるという意味です。
鏡餅の上に載せる「橙」は、その年になった実を落とさずに
次の年にも、また次の年にも新しい実をつけます。一度なった実は4、5年落ちません。

何代もの橙(だいだい=代々)が1つの木についているところを家族にたとえ、家系代々の長寿や繁栄を願う縁起物として飾ります。
s-IMG_1326.jpg

2017年の鏡開きは1月11日です。
神様や仏様にお供えをした鏡餅を食べる日です。
関西では1月15日に行われることが多く、京都や近隣の一部の地域では、1月4日に行われます。
一般的には1月11日です。

鏡開きとは何なのか?
鏡開きとは、お正月に神様、仏様にお供えをした鏡餅を食べるという風習です。
お供えした食べ物には力が備わると考えられ、神様や仏様に感謝しながら食べることによって、無病息災を祈願しています。

鏡開きをする時、どのようにしていますか?
橙を取り、お餅を直接、鍋に入れたり、まな板の上で切っていませんか?
鏡開きをする時は、切腹を連想させるため、刃物(包丁)で切ってはいけません。
木槌で開くことが縁起が良いとされています。

しかし、実際にはなかなかそのようにはいきませんよね。
うちは真空パックの鏡餅を使わないので、鏡開きをする日の前から、お餅とお餅が接したところからカラフルな「カビ」が発生し、毎年ガリガリ包丁で削っています
posted by Human of Japan at 10:05| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする