2015年07月30日

土用の丑の日に食べると良いものは?

土用の丑の日で食べるといいとされていたものは、
土用卵土用餅土用蜆があります。
・土用卵は、土用の丑の日に卵を食べるのではなくて、土用の時期に産み落とされた卵のことをいいます。
たんぱく質やカルシウム、鉄分のほか、人の体内では生成できない8種類の必須アミノ酸など、
ビタミンCを除くほとんどの栄養素になります。
良質なたんぱく質は、胃腸の冷えを癒し体の中から暖めて免疫力を高め、
必須アミノ酸は肝機能の向上に効果
があります。
土用の期間に産み落とされた卵は、特に精が付くといわれています。

・土用餅は、土用に食べるあんころ餅のことをいいます。
お餅は力持ち(力餅)小豆は厄除けに通じるため、無病息災で過ごすことができると言われています。
また小豆に含まれているビタミンB1は糖質をエネルギーに変える作用があり、
筋肉内に糖質が蓄積して疲労物質になることを防いでくれる働きがあるので、
疲労回復、肩こり、筋肉痛、だるさ、夏バテなどに効果があるとされています。

・土用蜆は「生きた肝臓薬」とも言われるほど、
肝臓の機能を修復したり、活性化する効果に富んでいます。
それに加えて、貧血の予防や疲れ眼の改善、利尿の促進や免疫力の強化など、
様々な効果
があげられます。

昔の人はいろんな知恵を働かせたものです。
s-IMG_0481.jpg

HJブログ「土用の丑の日」に関する記事
実は年に4回ある土用の丑。期間中は土いじりも注意!
土用の丑はなぜウナギを食べるのか?
日本人は一年間で何匹のうなぎを食べるのか?
土用の丑の日に食べるのは鰻だけではない!
土用の丑の日に食べると良いものは?
posted by Human of Japan at 08:00| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土用の丑の日に食べると良いものは?

土用の丑の日で食べるといいとされていたものは、
土用卵土用餅土用蜆があります。
・土用卵は、土用の丑の日に卵を食べるのではなくて、土用の時期に産み落とされた卵のことをいいます。
たんぱく質やカルシウム、鉄分のほか、人の体内では生成できない8種類の必須アミノ酸など、
ビタミンCを除くほとんどの栄養素になります。
良質なたんぱく質は、胃腸の冷えを癒し体の中から暖めて免疫力を高め、
必須アミノ酸は肝機能の向上に効果
があります。
土用の期間に産み落とされた卵は、特に精が付くといわれています。

・土用餅は、土用に食べるあんころ餅のことをいいます。
お餅は力持ち(力餅)小豆は厄除けに通じるため、無病息災で過ごすことができると言われています。
また小豆に含まれているビタミンB1は糖質をエネルギーに変える作用があり、
筋肉内に糖質が蓄積して疲労物質になることを防いでくれる働きがあるので、
疲労回復、肩こり、筋肉痛、だるさ、夏バテなどに効果があるとされています。

・土用蜆は「生きた肝臓薬」とも言われるほど、
肝臓の機能を修復したり、活性化する効果に富んでいます。
それに加えて、貧血の予防や疲れ眼の改善、利尿の促進や免疫力の強化など、
様々な効果
があげられます。

昔の人はいろんな知恵を働かせたものです。
s-IMG_0481.jpg

HJブログ「土用の丑の日」に関する記事
実は年に4回ある土用の丑。期間中は土いじりも注意!
土用の丑はなぜウナギを食べるのか?
日本人は一年間で何匹のうなぎを食べるのか?
土用の丑の日に食べるのは鰻だけではない!
土用の丑の日に食べると良いものは?
posted by Human of Japan at 08:00| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

土用の丑の日に食べるのは鰻だけではない!

土用の丑の日には「鰻を食べる」習慣がついていますが、昔からの知恵で「」のつく食べ物も
夏の暑さにバテた身体には良いとされてきました。

その「う」がつく食べ物は、うどん梅干し瓜(うり)【スイカ、キュウリ、ニガウリ(ゴーヤ)、マッカウリ(メロンウリ)、トウガンなど】うさぎなどを食べる習慣がありました。
s-IMG_0480.jpg

確かに、夏バテをした体にはさっぱりと梅おろしうどんはスルスル~と食べられますよね。
ウリにはカリウムが豊富なので体温上昇を抑えます。他に利尿作用やむくみ防止効果もあるのです。

HJブログ「土用の丑の日」に関する記事
実は年に4回ある土用の丑。期間中は土いじりも注意!
土用の丑はなぜウナギを食べるのか?
日本人は一年間で何匹のうなぎを食べるのか?
土用の丑の日に食べるのは鰻だけではない!
土用の丑の日に食べると良いものは?
posted by Human of Japan at 08:00| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする