2017年01月15日

年神様を迎える「大正月」に対して、「小正月」は農業や家庭に関する行事です

元旦を「大正月」と呼ぶのに対して、1月15日の行事を「小正月」と呼びます。

旧暦では1月15日が正月でした。
新暦を使うようになった今も旧暦の風習が無くなることはなく、1月15日を小正月と呼んでいます。
元旦は大正月となっています。

大正月は門松を飾り、年神様や先祖を迎えますが、小正月には餅花(もちばな)を飾り、豊作を願うの大切の行事でした。そのため「花正月」ともいいます。
また、歳末から小正月まで忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」と呼ぶ地域もあります。
家庭的な行事を行う正月で、お盆と同様に大切な節目です。
ちなみに、大正月は「男正月」ともいわれます。
小正月の日、家族がまめで1年を健康に過ごせるように祈願した「小豆粥」を食べる風習があります。
s-IMG-557.jpg
posted by Human of Japan at 09:00| Comment(0) | 雑節集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください