2015年05月02日

♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る♪

「夏も近づく八十八夜~♪」という歌い出しで始まる「茶摘み」という歌があります。
歌詞の中に出てくる「八十八夜」とは何だかご存知でしょうか?

2月4日の立春から数えて88日目の日をさし、5月2日にあたります。
この時期は、明け方にかけて遅霜(おそじも)が発生しやすく、農作物に被害が出る恐れがあり、
農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られたようです。

八十八夜の頃から茶摘みが始まり、香りの良い新茶が私達の味覚を楽しませてくれます。
この頃に摘まれた茶葉は昔から栄養価が高いとされ、古くから不老長寿の縁起物として珍重されてきました。
その年の最初に新芽を摘んで作ったお茶を「一番茶」といいます。通常、一番茶のことを「新茶」と呼びます。
s-IMG_0192.jpg

八十八夜を過ぎると、数日で立夏を迎えます。
posted by Human of Japan at 08:03| Comment(0) | 雑節集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください